学費の為のカードキャッシングが原因で借金200万円。借金生活に苦しんだ日々を救ってくれた自己破産

夜空さん(30歳 在宅業 男性 千葉県)からいただいた債務整理体験談です。

大学の学費を自分で工面していた夜空さん。

入学して1年ほどしたある日、体調を崩してしまい徐々に通学に支障をきたすようになってしまいます。

奨学金を受けることが出来なくなり、資金計画が狂ってしまった夜空さん。

親に相談することが出来なかった夜空さんが選んだのは、カードキャッシングでした。

借金を返すために新しくカードを作ることを繰り返し、借金の総額は200万を超えてしまいます。

みんなの債務整理体験談メモ

お名前:夜空さん(仮名)
性別:男性(30歳)
職業:在宅業
地域:千葉県
債務整理方法:自己破産
借金の原因:学費の支払い、収入に見合わない借り入れ。
債務整理時の借金総額:200万円ほど。


学費がきっかけで借金が膨らみカード破産に

私は当時学生の身でありながら自己破産という選択をしました。

今は奨学金破産なる言葉が生まれるなど、学費による借金で悩む方も多くいらっしゃると思いますので、私の体験が参考になれば幸いです。

きっかけは、学費の支払いの為に行ったカードキャッシングでした。

私の家庭は決して裕福ではなく、大学の学費は自分で工面していました。

ですが私は大学に入学して1年程したある日、体調を崩してしまいました。

診断名は不安神経障害というもので、徐々に通学に支障をきたすようになっていきました。

奨学金を受けることができなくなりクレジットカードでキャッシング

家族には何も相談できなかったので症状は悪化し、大学の奨学金を受けることができず、事前に貯めていた貯金も減ってしまい、さらに満足に通学できなくなったことで留年してしまったことも重なって、資金計画が完全に狂ってしまったのです。

親に金銭的な負担はもちろんかけられません。

そこで私が選んだのがクレジットカードによるキャッシングでした。

10万円キャッシングしたことでその場はなんとか学費を払うことができましたが、当然返済が始まります。

最初は微々たるものでしたが、今までのアルバイトでの給料でギリギリという状態で借金を毎月返済すれば、当然毎月の貯金額が減ります。

そうなれば、必然的に次の学費の支払いも当然難しくなります。

借金を返すために新しくカードを作る繰り返し

そうして新たなクレジットカードや銀行系カードローンを作り、また借金をして支払うということを繰り返すうちに借金は膨れ上がる一方でした。

最終的には昼間も働き夜勤もして、体調は良くなったにも関わらず、今度は返済で学校にも行けなくなっていき、給料を貰ってもほとんど消えてしまう状態でした。

それでも乗り切るために、リボ払いなどにしたのが拍車をかけたと思います。

2012年から2015年に自己破産するまで借金生活でした。

当時を振り返って、誰にも相談できなかったとはいえあまりにも借金に対して無知でした。

今思えば、もっと早くに家族に相談することや法的手続きをするべきであったと反省しています。

学費のために借金
学費のために200万円ほどの借金

家族に打ち明け弁護士に依頼しました

そうして、膨れ上がった借金に自分では対処できなくなったとき家族に打ち明け、弁護士に依頼し、自己破産をすることを決めました。

自己破産や債務整理については、今はネットなどで豊富な情報を得ることができます。

弁護士事務所に相談に行く前に、自分でもきちんと調べておいたほうがいいと思います。

私が手続きをした際に気づいたことは、携帯電話についてです。

今は携帯電話は必需品として裁判所も考えるそうなので、滞納などなければ強制解約などにはなりませんでした。

ですが、今携帯電話の支払いは分割払いが大多数だと思います。

携帯電話の分割払いもローンに含まれる可能性があるので、なんとか完済した状態にしたほうが解約というリスクを防げると思います。

弁護士事務所では厳しいことも言われました

弁護士事務所では、借金に対して全て聞かれます。

厳しいことも言われます。

些細なものでも、できる限り債務額等自分で計算しておいたほうがスムーズです。

自分と家族の収支も全て聞かれるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

実際に依頼をしたら、まずカードなどを弁護士に預け、カードをハサミで切断されました。

その後は弁護士に指定された書類を用意するだけで、その他は代理人である弁護士が全て行ってくれました。

裁判所に出頭することは私はありませんでした。

破産開始決定の通知の写しは今でも戒めにしています

私の場合は自己破産なので、自己破産決定後無事に免責許可が出たことで残債はなくなりました。

給料が自分の手元に残ることに安堵したと同時に、借金は二度としないと心に誓いました。

あのとき自己破産という選択をして良かったと思っています。

弁護士から郵送された裁判所からの破産開始決定の通知の写しは、今でも戒めとして目を通しています。

借金の依存や自転車操業から脱出するためには、やはり早めに法的手続きを行うことだと思います。

お金を貸してくれた金融会社に迷惑をかける結果にはなってしまいますが、借金に借金を重ねる生活を続けてもいつかはパンクします。

ですので早めに専門家にご相談することをおすすめします。

夜空さん(30歳 在宅業 男性 千葉県)からいただいた債務整理体験談です。


投稿者さんの借金内訳と債務整理後の状況

投稿者さんの借金の内訳と債務整理を行ったことでどのように状況が好転したかを見てみましょう。

借金内訳

借金総額:210万円
クレジットカード:
エポスカード:30万円
楽天カード:50万円
キャッシング:
エポスカード:10万円
楽天カード:10万円
銀行系カードローン:
バンクイック:30万円
三井住友銀行:30万円
千葉銀行:30万円
ジャパンネット銀行:10万円
消費者金融:
レイク:10万円
借金開始から債務整理着手までの期間:約3年

債務整理後の状況

残債務:自己破産だったので残債はなくなりました。
返済計画:なし
債務整理に踏み切った理由:
毎月の支払額が自分の収入ではどうにもできないほど膨れ上がってしまったため。
債務整理をした時期:2015年頃

親に頼ることが出来ずに借金で苦しんだ自分を救ってくれた自己破産

大学生として生活をしていた夜空さんでしたが、親に金銭面の負担をかけさせないように学費を自分で工面していました。

奨学金を考えいた夜空さんでしたが、精神的に病んでしまい、通学に支障をきたすようになったことで、奨学金を受け取ることが出来ない状態に陥ってしまいます。

そこで、学費を自分で工面するためにカードキャッシングに手を出してしまった夜空さん。

アルバイトをしながら何とか返済を続けていましたが、次第に返せなくなり、他のキャッシングにも手を出してしまいます。

多重債務者になってしまった夜空さんの毎月の返済はかなりの金額になってしまいました。

体調面は良くなったものの、返済をするために昼も夜も働き、学校に行けないという元も子もない状態になってしまった夜空さん。

この状況を何とか乗り切ろうと奮闘しますが、努力も虚しく返済能力に限界が訪れてしまいます。

借金の返済が不可能だと悟った夜空さんは、親に相談して自己破産をすることを決意。

専門家のもとで自己破産の申請を依頼した結果、無事に免責が認められ、借金生活から開放されることになりました。

学費を自分で工面するという行為は一見とても立派なことのように思いますが、学生の本分は学業です。

学費のために働き、学業が疎かになったうえに借金が返せなくなってしまうという事態は、想像できる限りでは最悪な状況だといえます。

学生という立場であるならば、背伸びをせずに親に頼るという選択肢を選ぶ方がいいでしょう。

また、奨学金という制度に関しても借りるのであれば事前にどういった制度なのかということを調べることも大切です。

奨学金といえば聞こえはいいですが、実態は単なる借金です。

いつかは返済する必要が出てきますし、一定の学力がなければ利息も発生します。

本当に経済的に困窮しており、親からの援助が一切期待できないという場合を除き、できるだけ奨学金という制度も利用しない方がいいでしょう。

わざわざ自分から借金を背負ってもメリットはありません。

大学を卒業して就職をした未来の自分にあまり期待せず、避けられる借金はできるだけ避けるように気をつけるよう心がけましょう。