軽い気持ちで始めた借金が350万円に。お金に対する考え方を変えてくれた任意整理

たかしさん(29歳 男性 会社員 山形県)からいただいた債務整理体験談です。

旅行に行くときの資金が足りず、たかしさんは軽い気持ちで消費者金融でお金を借りました。

その他にも高額な物を多く購入し、あっという間に借入上限に達してしまいました。

ボーナスで返すことも出来たのに、遊びに使う方を選んだ、たかしさん。

そのうちに借金がかさみ、ついには600万円に達してしまいます。

みんなの債務整理体験談メモ

お名前:たかしさん(仮名)
性別:男性(29歳)
職業:会社員
地域:山形県
債務整理方法:任意整理
借金の原因:旅行、浪費
債務整理時の借金総額:600万円


任意整理をしてからお金に対する考え方が変わりました

私が借金をしたきっかけは、旅行へ行くときの資金が足りなかったので借りました。

その時は軽い気持ちで消費者金融で10万円だけ借りて、ボーナスで返済すればいいやというくらいの気持ちでした。

私はこのほかにも当時車を買ったり、バイクを買ったりと高額な買い物を多くしていました。

しかし、その考えが甘く、毎月少し足りない分を補填して使ってしまい、あっという間に上限の30万円まで行ってしまいました。

消費者金融で借りていた分はボーナスで返せないこともなかったのですが、それより遊びに使いたかったので返済をするのを止め、毎月返していくことにしました。

借金を返すために借金をする生活に

しかし、もともとが少し足りなかったのをもっと借金をしてしまったので返済がきつくなり、枠を50万まで上げてもらいました。

年々年収も上がってることだし、大丈夫と思っていたのが悪かったです。

そのような生活をしていて段々と借金を返すために借金をする生活が繰り返され、結果的には200万円の借金をしてしまいました。

また、車のローンなどを含めると合計では600万円ほどの借金がありました。

お金と向き合わなかった自分の甘さが招いた悲劇としか、言いようがありませんでした。

借金返済に当たり返済が追い付かなくなり、もうどうしようもなくなりました。

お金の浪費
軽い気持ちで消費者金融から350万円以上の借金

これ以上借金を繰り返すよりはと任意整理を依頼

その時にネットで減額をする方法があるという広告を見て、どうしようか考えました。

内容を読んで見ると、まずは相談をしてみてくださいと書かれていて悩みました。

考え方の中にはもうこのままでは全然返せない生活が繰り返されると思い、思い切って相談をしてみました。

そこで話になったのが、「信用情報に傷をつけてもう借金をできなくする」ということを言われました。

ちゃんと借りたものを返済をする、しかし利息はカットするように話をすることが任意整理ですという話になりました。

仕事柄、信用情報というものがどのようなものかわかっているのでどうしようか考えましたが、これ以上借金を繰り返すよりはいいと思い、お願いをしました。

お金に対する考え方が変わりました

今まで逃げていたお金の面を、きちんと向き合うことにしました。

そこで初めてわかりましたが、お金って本当に大事なものなんだなと思いました。

今まではお金は借りればいいと思っていましたが、足りない分はきちんと稼ぐことが重要だと気付かされました。

今は返済中の生活を送っていますが、正直それでもぎりぎりの生活を送っています。

しかし、一度きちんと向き合ってしっかりと返していくことが重要だと感じました。

返済がきついときには正直しなければよかったのかと思いましたが、これ以上続けてしまいより苦しい生活をするよりはいいと思っています。

一度借金が出来なくなる生活を送るのも、私個人としてはいいと思っています。

お金のありがたみがよりわかるようになります。

借金に悩んでいるならまずは相談を

借金で悩んでいたり、増えすぎでどうしたらいいのかわからない時は、一度相談をしてみるのもいいかと思います。

自分に合ったやり方を教えてくれます。

また、自分自身も生活を見直すいいきっかけになります。

お金は自分で稼ぐものです。

当たり前かもしれませんが、背伸びしてもいいことはありません。

身の丈に合った生活を送るのが一番いいです。

そう思いました。

しかし、それ相応の覚悟は必要になってきます。

任意整理の場合は、減額と言っても利息分のカットが目的です。

また、今後借り入れを行うのも難しくなってきます。

返済後も信用情報には傷がつくので、借り入れ自体が出来ない場合があります。

それくらいのリスクはあります。

考えようによっては、自分が持っている現金のみで生活を送ることが出来るという事にもなります。

足りない時は稼ぐ必要があります。

悩んでいるのであればまずは相談してみることをオススメします。

たかしさん(29歳 男性 会社員 山形県)


投稿者さんの借金内訳と債務整理後の状況

投稿者さんの借金の内訳と債務整理を行ったことでどのように状況が好転したかを見てみましょう。

借金内訳

借金総額:350万円
クレジットカード:
なし
消費者金融:
プロミス:100万円
アイフル:90万円
アコム:100万円
その他:60万円
借金開始から債務整理着手までの期間:7年

債務整理後の状況

残債務:210万円
返済計画:(期間)5年(返済)月返済額3万5千円 利息カット
債務整理に踏み切った理由:
毎月の支払いがきつくなった。
債務整理をした時期:2017年11月1日

お金の有り難みを教えてくれた借金の任意整理

旅行へ行くときの資金を用意するために消費者金融で初めての借り入れをしてしまったたかしさん。

いつでも返せるという気軽な気持ちで借り入れを行いましたが、その後も車やバイクの購入、遊興費で散財を繰り返していきます。

ボーナスでの一括返済を考えましたが、返済よりも遊ぶためのお金を優先させてしまったたかしさん。

借金の額が増えるに連れて毎月の返済額も大きくなってしまい、ついには返済が難しい状況に陥ってしまいます。

この状況を何とかするためにネットで情報を調べていたところ、債務整理の広告を見つけたたかしさん。

藁をもすがる思いで債務整理の相談をすることを決意します。

信用情報に傷がつくことに対して抵抗はあったものの、現状を変えるために任意整理をすることを決意したたかしさん。

結果、利息がカットされ残った返済額を今も着実に返済しているようです。

お金に対する考え方も変わったようですし、今後は心配はないかもしれませんね。

日本の教育では、義務教育においてお金に対する知識は全くといっていいほど教え込まれません。

お金に対しての知識は自分で勉強するしかないのが現状です。

住宅ローンや車のローンなどと違い、消費者金融からの借金は金利が非常に高く、質の悪い借金と言われています。

気軽に消費者金融から借金をすることはやめましょう。