会社の倒産で返済ができなくなり借金400万。法律事務所に相談し個人再生で救われました

ひろみさん(42歳 介護士 女性 三重県)からいただいた債務整理体験談です。

引っ越しの費用にと、軽い気持ちでカードローンを始めたひろみさん。

残業もある仕事のため返済は余裕だと思っていたところ、突然失職してしまいます。

当てにしていた退職金も、借金を返せるだけの金額ではありませんでした。

返済が出来なくなり借金に借金を重ねるうち、借金総額は400万円ほどに膨れ上がってしまいます。

みんなの債務整理体験談メモ

お名前:ひろみさん(仮名)
性別:女性(42歳)
職業:介護士
地域:三重県
債務整理方法:個人再生
借金の原因:貯金が無い状態で無能な借り入れをした事
債務整理時の借金総額:400万円ほど。


失職で借金400万円になりましたが個人再生で救われました

クレジットからカードローン、消費者金融まで10件の借り入れがありました。

最初の借り入れは引っ越し費用が必要になりカードローンで借りたのが初めてです。

新しい家に引っ越しをする事で電化製品や家具まで新しい物で揃えたいと思い、クレジットカードを作りました。

仕事は残業もあったので、支払は余裕をもって出来ると自分に過信していた部分が失敗した大きな原因です。

貯金も全くしない状態で、クレジットカードや消費者金融での借り入れに借金をしている自覚が全くありませんでした。

突然の失職で借金に借金を重ね

突然の会社都合での退職となってから、支払が出来ず借金に借金を重ねる生活になってしまったのです。

退職金もすぐには貰えないと言われ、失業保険を期待していましたが借金を返せるだけの金額は貰えませんでした。

仕事をしていないので自宅や携帯には、催促の電話がかかるようになりました。

自宅の郵便ポストには催促の書面が届くようになって、気持ちだけが焦って空回りばかりしていました。

焦った状態で仕事を探しても面接に受かる事なく、返済も出来ないまま2か月を過ごしました。

会社の倒産で返済ができなくなってしまったため借金が400万円以上に

ネットで探した法律事務所へ債務整理の相談に

そんな時に家族と話しあって相談だけでもしてみようと、自宅から通える距離の司法事務所への相談を決めました。

これは交通費も考えて、自転車で通える距離にしたかったからです。

インターネットで、自己破産や個人再生を多く扱っていると書いてあったので決めました。

事務所の雰囲気も堅苦しい感じではなく、相談しやすい雰囲気だったので有難かったです。

自己破産も考えましたが、車を手放さないといけないので自己破産は考えませんでした。

どこの職場に行っても車は必要になってくる事から、先生と話し合って個人再生をする事にしました。

依頼したことで精神的にも落ち着きました

今までの給料明細、自分名義の全ての通帳、督促状など必要書類は沢山ありました。

今自分に出来る事は目の前の個人再生しかないと思っていたので、押入れや書類ケースなど数日探して見つけました。

依頼を決めてからは焦る気持ちがなくなり、余裕をもって考えて生活できるようになりました。

余裕を持った事で、精神的なストレスで急に泣きそうになったりする事がなくなりました。

不安定な時期で安定剤を飲んでいた事もありました。

数週間の間に、催促の手紙も電話も止まった事が一番大きいと思います。

依頼をする事は自分の代わりに動いてくれると思ったので、嘘いつわりなく全てを話す事で話もスムーズに進みました。

仕事も見つかり個人再生のために月々の貯金も

手続きの中で家計簿を作るように言われ、同時に毎月3万円づつ積み立て貯金をするように言われました。

これは個人再生をした後で、本当に支出を抑えて支払い能力があるのか見るためだそうです。

手続きの最中で自分の新しい仕事が見つかりました。

新しい職場なので初任給は安いですが、余裕をもって積み立てをする事が出来ました。

月に1度は家計簿と給料明細、積み立て貯金の通帳を提出していました。

4度目の積み立てをしたくらいで、裁判所の判断をもらう事ができました。

結果、3年6か月の個人再生になりました。

個人再生で月々の返済も減額に

今までの返済は毎月10万以上を払っていましたが、減額になりました。

3か月に1度で、総額65,000円の支払いになりました。

後2年は残っているので現在も返済中です。

毎月3万円の積み立てをしている事で、3か月で貯めた9万円で十分に返済は出来ています。

依頼と同時に法テラスの審査で分割の審査が通ったので、月5,000円の返済をしていました。

こちらは完済しているので現在は支払はありません。

家族にも大きな迷惑をかけてしまいました

今回の自分がやってしまった事は、ずっと付いてまわると思います。

今度カードを作れたとしても、貯金を確保してから計画的にやっていきたいと思います。

まだまだ先は長いですが、今回は家族にも大きく迷惑をかけてしまったので申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ひろみさん(42歳 介護士 女性 三重県)


投稿者さんの借金内訳と債務整理後の状況

投稿者さんの借金の内訳と債務整理を行ったことでどのように状況が好転したかを見てみましょう。

借金内訳

借金総額:370万円
クレジットカード:
ライフカード:50万円
イオンカード:110万円
NTTカード:50万円
ポケットカード:50万円
ジャックス:30万円
消費者金融:
アイフル:20万円
レイク:10万円
アコム:50万円
借金開始から債務整理着手までの期間:3年

債務整理後の状況

残債務:1,274,356円
返済計画:(期間)3年6か月(返済)月63,000円
債務整理に踏み切った理由:
仕事がなくなり貯金もなく返済が出来なくなりました。
債務整理をした時期:2015年9月ごろ

借金で辛かった生活から救い出してくれた個人再生

引越し費用を工面するためにクレジットカードを使うようになったひろみさん。

そのカードで家具や電化製品も取り揃えたため、かなりの金額を使ってしまいます。

貯金は殆どないものの、当時は残業代も貰える会社で働いていたためすぐに返済は可能だと気軽に考えていましたが、会社が突然倒産してしまいます。

当てにしていた退職金もあまりもらえず、返済計画は完全に狂ってしまったひろみさん。

気持ちの焦りからか転職もうまくいかず、どんどん借金に追い込まれていくようになってしまいます。

家族と相談し、債務整理をすることを決意したひろみさん。

近場の雰囲気のいい法律事務所に相談した結果、個人再生での債務整理を行うことになりました。

数ヶ月の時間はかかりましたが、無事に個人再生が認められ、借金も約1/3まで減らすことができたようです。

まだ完済には至っていないようですが、しっかりと最後まで返済を頑張ってほしいと思います。

自己破産の場合、ほぼすべての財産を処分しなければなりませんが、個人再生ではローンさえ支払ってあれば自分の車を処分しなくてもすみます。

自己破産で一旦すべてを0にするか、個人再生で少しでも財産を残して再出発をするかを選ぶのはあなた自身ですが、目先の財産にとらわれることなく、しっかりと先を見据えて一番いい選択をして欲しいと思います。