リボ払いと消費者金融からの借り入れで借金100万円。苦しい借金生活から抜け出すために債務整理を決意

20代女性さん(20代後半 不明 女性 千葉県)からいただいた債務整理体験談です。

実家ぐらしで何不自由なくお金を使って生活をしていた20代女性さん。

クレジットカードで買い物をしていましたが、基本的には支払いをリボ払いで行っていました。

当時交際をしていた彼と同棲を始めたことで、今までよりも毎月の出費が増加。

更に、大病を患ってしまったことで今までよりも収入が減ってしまい、消費者金融からも借り入れを行うようになってしまいます。

気がつけば借金の総額は100万円以上に。

1年で3社と契約し、借金の返済を借金で行うという自転車操業状態になってしまった20代女性さん。

返済が苦しくなっていた頃に、ネット広告で債務整理の文字を目にしました。

みんなの債務整理体験談メモ

お名前:20代女性さん(仮名)
性別:女性(20代後半)
職業:不明
地域:千葉県
債務整理方法:任意整理
借金の原因:生活費・支払いのため
債務整理時の借金総額:約100万

債務整理体験談
リボ払いと消費者金融からの借り入れが原因で借金生活に

20代の私が債務整理をした時の体験談

現在、約100万の借金がある20代女性です。

去年の春に債務整理という手段を選び、進行形で手続きしております。

元々実家暮らしで、仕事はアルバイトながらもフル稼働でしたので贅沢な方だったと思います。

欲しい物があるとすぐに買ってしまうタイプで、所持していたクレジットカードで買い物をしょっちゅうしていました。(全て分割・リボ払い)

毎月の支払いはきちんとしておりましたが、利用回数が積み重なると共に、残りの残高額に焦り始めてきたのも時すでに遅しというものでした。

体調不良も重なり徐々に返済が難しくなっていき…

重なる体調不良により仕事ができなくなり、収入も減り、毎月の支払いもできなくなってきました。

そこで初めて金融会社からの借入人生が始まります。(恋人と同棲を始めていた後なので、実家とは違い支払いとプラスに生活費がかかっています。)

1年で3社と契約し、限度額マックスまで借入しました。

初めてだったのもあり、契約はスムーズに進み、20万、30万、40万と借入ができました。

この3社は2.3ヶ月ずつズレて契約しています。

借金で毎月の支払いを賄っていくという、一番よくない負のスパイラルにはまっていました。

数学とか数字に弱い私は、そのシステムや金利というのもよくわかっていないまま、藁にもすがる思いで金融会社へ頼っていました。

後先考えずに行動していた今までの自分の行動ががどれほど情けなく恥ずかしかったか、痛感しています。

借入もできなくなったらまた無一文です。

今度は今までの支払いと、借りた分の支払いも増えています。

自分で自分の首を更に締めているか、よくわかります。

他にも支払うものがあったので、月に10万程は支払うことになっていました。

難病等の診断を受けたこの時の私には、前のようにがっつり稼ぐまでに時間がかかります。

ネットの広告を知った債務整理という手段

そんなときにネットの広告ででてきた、債務整理という選択です。

自己破産というのはなんとなくわかっていましたが、債務整理を知ったのはこの時です。

私は父親に自分名義で車をプレゼントしている為、自己破産だと車が無くなってしまうので避けたい選択でした。

そんなときに債務整理を詳しく調べてみると、自分で整理してもらうところを選べるというメリットがあり、これしかないと思いました。

ここからは、アヴァンス法務事務所というところで債務整理の契約しました。

内訳は4社分です。

以前から所持していたクレジットカード1社分、金融会社3社分です。

契約は全て電話のみで、淡々と進んでいきました。

契約してから半年間でまず手続き金をお支払いしました。(約25万ほど)

そこからいよいよ本格的な債務整理が始まります。

4社分で約2.6万前後にまとめられるようでした。

この金額を3.4年続けてやっと完済になるようです。

グダグダと何年も払い続けているより、プロの方にお願いして整理していただけて良かったと思います。

債務整理に陥った私が今回の借金問題が気付いたこと

体調面でのご配慮もいただいたため、先日やっと手続き金のお支払いが終わったところです。

体調不良ながらも、自分が毎月これは払わなきゃいけないというプレッシャーもでき、自分の未来のためにも頑張らなきゃと思っています。

あれだけ豪遊していた自分は今、服一枚も買っていません。

自分のものを買うのにめちゃくちゃ悩むようになりました。

そしてこの機会を利用し、クレジットカードを使う事を辞めました。

今後使えなくなるとは思うのですが、現金で買い物をする癖がついたのでいいきっかけになりました。

お金がないと心の余裕が無くなります。

体調を崩していると余計に、身体に負担がかかります。

借金をして生活、借金で通院しました。

運悪くどれも完治が難しい病気にばかり出会ってしまい、前のように働けそうにはありません。

若かりし昔の自分に『後先考えず行動するな』と忠告してあげたいです。

明日働けなくなるかも、会社がなくなるかも、と悪い考えも時には大事なんだと勉強になりました。

これからは未来を計算して、見据えて、今の現状と戦っていきたいと思います。”

20代女性さん(20代後半 不明 女性 千葉県)


20代女性さんの借金内訳と債務整理後の状況

20代女性さんの借金の内訳と債務整理を行ったことでどのように状況が好転したかを見てみましょう。

借金内訳

借金総額:100万円ほど
消費者金融:
アコム:30万
アイフル:40万
プロミス:10万
クレジットカード:
セゾン:10万
借金開始から債務整理着手までの期間:約3年

債務整理後の状況

残債務:100万円
返済計画:(期間)3年4ヶ月(返済)月27,000円 返済中は無利息
債務整理に踏み切った理由:
支払いのために借金を繰り返したため
債務整理をした時期:2019年春ごろ

リボ払いと消費者金融を使ったせいで苦しい借金生活に

フリーターではありましたが、ほぼ毎日働き、更に実家ぐらしだったために不自由のない生活を送っていた20代女性さん。

欲しい物があるとすぐに買ってしまうタイプだったため、クレジットカードを使って頻繁に買い物をしていました。

しかし支払い方法は一括払いではなく、分割払いやリボ払いを選択していたため、支払い残高は膨らみ続けていました。

そして、実家暮らしから恋人と同棲をすることになり、今まで以上に出費が嵩むようになってしまった20代女性さん。

それと同時期に体調不良が重なり、毎月の支払いが厳しくなります。

クレジットカードの支払いや生活費の支払いも苦しくなり、ついに消費者金融からお金を借りるようになってしまいました。

クレジットカードの支払いに加え、消費者金融への返済も重なり、毎月の返済がとても苦しい状況に陥ります。

そんな時にネットの広告で偶然債務整理の広告を目にした20代女性さん。

自己破産はしたくなかったため、債務整理をするしかないと考え、アヴァンス法務事務所に足を運びます。

約25万程の手付金を支払い、無事に債務整理をすることが出来ました。

まだ支払いは終わっていないようですが、返済中は無利息になったお陰で着々と返済を進めることが出来ているようです。

実家暮らしから一人暮らし・同棲に切り替わると、毎月の生活費の多さに驚くことが多いはず。

親の有り難みがよくわかりますよね。

クレジットカードに関しても、リボ払いは金利が15%程あるので、毎月の支払額は抑えられますが最終的な支払総額は恐ろしい金額になってしまうことがよくあります。

本来、クレジットカードを使えばポイントがつきますし、現金払いよりも賢くお金を使うことができるはず。

しかし分割払いやリボ払いをしてしまうと、ポイント以上に金利を支払うことになってしまうので、決して選んではいけない支払い方法だといえます。

今回の借金問題をきっかけに、買い物の方法やお金の使い方をしっかり学んでこれからの人生に活かして欲しいと思います。